【ライブレポ】フジファブリック I Love Youツアー Zepp Nagoya

2021/6/25 フジファブリック I Love Youツアー Zepp Nagoya
開場 17:30 / 開演 18:30 / 終演 20:35


今日は加藤さんのバングルライト、グリーンに光らせて登場。

efil

やった、efilセットリスト固定なんだ!(固定…なのか?配信になる東京公演2デイズだからちょっとだけ心配してる)

2度目のefilを観て……、これは……、確信、この曲を演奏するフジファブリックが好きすぎる。そしてこの曲のギターを弾く山内総一郎が輝きすぎてる。クールですべての所作が完全体で、山内総一郎はいろんな要素を持つ人だけど、すべての要素をもって山内総一郎なのだからその中で何が一番好きかなんて選べないけど、私、「この要素」が一番好きかもしれない・・・・・・・・

efilを大きなきっかけにしてフジファブリックを好きになったのは曲が好きだったからで演奏姿がどうとかそこまで当時考えてなかったけど、なんかもうこれがトリガーのひとつになったのは今日のこの心境に至る運命だったのでは……と2021年のefilを観ていて思ったのだった。

山内くんはヘドバンみたいな動きで揺れる髪を楽しんでいるようだ。

Aメロからずっと続くリフを弾く、弦の上で握ったり滑ったりの作業的な動きを繰り返す、左手が色気あってめちゃくちゃ好きだ!!!!!!!!!!!!!!!

あ、efilって武道館の映像に入ってるな、あれも好きだったなと思い出してうちに帰ってから引っ張り出して観てみたら、これは2014年、7年前、30代前半で武道館公演、たぶん人生最良のひとつと思われる日なんだけど、そこを人生最も輝いていた時期にするんじゃなくて、年齢関係なく今の方が艶々で表情もプレイも生き生きしてるのなんなんだー。その瞬間その瞬間が好き。でも最新のフジファブリックが一番かっこいい。


会いに

efilの余韻さめやらぬ中軽快に会いにになだれこむのいいね!会いにの伊藤大地さんのドラムほんといい。めちゃめちゃ合ってる。爽やかで疾走感すごい。今は軽快感に力強さが加わる。山内くんが歌い終わったあと「会いに来たぜーーーーー!!!」って叫ぶのめちゃくちゃ好き。


MC

山内くんが「I FAB Uツアーが途中で終わってしまったんですけど、その最後が名古屋だったんですね」って言って、あ、そうだったと思い出した。私が最後に観たフジファブリックのツアーのライブだった。あの時は不安がだんだん募りつつマスクはみんなしてなかったなー。でも私はこの先の参加はちょっと難しいかもしれない、と最後になる覚悟の上の参加だった。そしたらその後ツアー自体が中止になってしまった。「だから、また名古屋にこうしてツアーで名古屋に来れて、今日がツアーの初日みたいなものです!」名古屋で途切れたものが名古屋でまた繋がった気がした。

山内「今日はめちゃくちゃ感謝述べるから覚悟しててね」
客:笑 ???(”述べる”……笑)

山内「今日は声出したりは出来ないけど、拍手とか手拍子とか、笑ったりとか、声出さないで歌ったりとかはいいからね?♪フッフ~~、フッフ~~!とかね?」(前やった時より激しい 笑)


たりないすくない

この曲でふわふわ躍り出しそうな山内くんがいい。あれ、今日はりらちゃんパートが甘ったるくないぞ?大阪で聴いた時はりらちゃんパートが歌い分てた訳じゃないと思うけど甘い落差を感じたけど、今日は全編同じトーンで歌ってた気がする。

金澤君が全部コーラスやってたのかと思ってたら、最初加藤さんがコーラス(りらちゃんパート)やってたんだ!金澤君はサビのコーラスをやってた。

「知ってた?本当の私はちょっとだけずるいよ」の語尾が若干……若干「♪」みを感じた……。アコースティックライブでりらちゃんが歌った時のような♪みを感じた……。はーかわいいこの曲ほんとかわいい・・・。


赤い果実

歌い重ねていってどんどん歌が良くなっていってる。耳障りが心地よい。ギターソロ~間奏明けサビ前「♪名前を呼ぶ声~×☆※$△~」って歌詞が。笑


Dear

あーやっぱりライブのDearの飛び幅がすごい……。アルバムI Love Youの中で他の曲がそれぞれ強い色を持つ中で若干地味(という言葉は使いたくないんだけど)な印象のDearだったんだけど、ライブですごく強い。とても映える。歌もだけど、演奏……!この曲がそんな自由度を持つようになるとは思ってなかった。浮遊系のギターの音が好き。同じエレキギターの音なのかと。1番が終わって静かな間奏、を切り裂くようなノイジーなギターにゾクッとした。静寂と狂気。演奏が暴れ出す寸前の氷面。




曲を自分の事として振り返ったりする事が今まであまりなかったけど、手という曲を通して、そこに込められた思いや願いを知って、飛行機雲を指差してくれた事はないけど今まで見せてもらってきたいろんなものを思い出して、そういう事かな、そんなふうにして自分と重ね合わせる感覚ならわかるな、と思った。このあたたかい曲の思いに、寄り添いたいな。

手を歌い終わったあと

山内「みんなに言ってなかった事があるんですけど、親父の棚から奪ったレコードっていうのは、ひこうき雲なんです。ユーミンの。あの曲、めちゃくちゃいいよね!」

棚から奪ったレコードはユーミンひこうき雲って話、一回だけインタビューで話してたよね……?あれは「みんなに話した」にカウントせずで…?(いえ、ライブでこんなふうに教えてくれて嬉しいです)

ここで声が出せたら、誰かが「歌ってー!」なんて言って、みんながそれに便乗して、山内くんがひこうき雲を一章節歌ってくれるんだろう、なんてせつない想像をした。

名古屋はすごく盛り上げてくれる、って話をして

山内「名古屋久しぶりやね。ダイちゃん、どう?」
金澤「……どうって(笑)!」
客:笑(出た雑なフリ)

困りながら金澤君がマイクをスタンドから取り外してキーボードブースから出てくる。客笑。

金澤「僕はいつもキーボードに囲まれているんですけど、こうして外に出ると嬉しいですね」

金澤「久しぶりにツアーをやって確信した事があるんですけど、・・・・人に観られるのが気持ちいい!」
客:拍手


Walk On The Way

金澤君のピアニカがめちゃくちゃ自由で独創的で良かった~~。どこまで行くのってぐらい、飛んでいきそうだった。愛する曲の歌詞にやっぱりコロナ入れないで欲し~~。

そして始まる加藤の小噺。今日は「鰻」。
「鰻は捕まえて養殖しようとしても雄になってしまうので養殖が出来ない」って言った時ドラムの台に腰掛けて話を聞いてた山内くんが「えっ!!!」ってデカい声だしてお客さんが笑った。金澤君は片膝抱えて鰻の話を聞いてた。


陽炎

「締~め~つ~け~る」の部分の山内くんの歌い方がすごく、独特。蕩けそうにしっとりとしてて、ここ歌うの気持ちよさそう。山内くんにしか出来ない歌い方だな~。山内くんの表現が詰まってる。叙情的で、原曲を聴いて描いてきた陽炎の映像と違う景色を今、新たに見せられた。それはとても美しい景色です。


あなたの知らない僕がいる

聴いている間中、身動きが出来ない。
一番のサビ最後、「あなたの知らない”僕がいる”」を歌う時の爆発力がすごい。大阪で一部声がひっくり返った最後の最後で音が思いっきり上がる部分、克服してきた。歌い切った。

山内くんは次々新しい山を課すなぁ、自分の作った曲で自分に。昨日の自分を越えていく。当時ギリギリだったECHOが今では歌えるように、あなたの知らない僕がいるも乗り越えていくんだろうなこの人は。

終わった後の長い長い拍手。


光あれ

このツアーで光あれがもっと好きになった。

写真OKタイムがある徒然モノクロームが終わったあと、

山内「あの、サビが来たら(スマホで写真撮るのやめて)のるみたいな、みんな人の良さ出てるから」
客:笑(よく見てるなー)
山内「ありがとう」


LIFE

「雨の日も風の日も・・・コロナの日もあるけど」って歌ってた。


アンコール

山内「今日が初日みたいなものだって話をさっきしたんですけど、ツアーあと2本だけなんです」
この前始まったばかりなのに、やっぱり早く感じるなー。
山内「あと東京なんですけど、最終日ゲストの方が。JUJUさんが来られます」
客:拍手

サプライズは先に言っていくスタイル。配信もあるし先に言う方がいいよね。この時期に誰かとステージでコラボ出来るなんてとてもありがたいし、ライブ返しというか、JUJU苑でJUJUさんの世界に山内くんが飛び込んでJUJUさんの世界の素晴らしさを知ったように、今度はJUJUさんにフジファブリックの世界を知ってもらいたい!なにより生赤い果実が聴けるの楽しみ。山内くんは共演する誰かの存在で変化するから楽しみ。

山内「最終日配信もあるんで、今日より良くなってるか確認してください(笑)」

山内「みんな今日来るの不安もあったと思うけど、俺らもすごい不安だったの。前中止になった事もあるし、SNSとかで発信していてもなんか、悲しい感じになるというか」

参加する側だけじゃなくて、やるアーティスト側も不安なんだなーと思った。

山内「今日は外が暑くて、海外に来たみたいで、そういうの久しぶりの感覚だった」

「今日は大地君にも喋ってもらいましょうよ」って言って伊藤大地さんを紹介。
伊藤「僕この前名古屋の電車全部乗りました」
客:拍手
伊藤「松坂に行ってお肉を食べてきました。一人で」
山内「誘ってよ」
加藤「僕は新美南吉記念館に行きました」
山内「誘ってよ」
加藤「誘ってよ第二弾(笑)」
客:笑




わ、アンコールセットリスト変わるんだ!
虹久しぶりな気がするな~~~~うれしいな~~~
虹だったか、どっかで声が裏返った?かでめちゃめちゃ舌出して笑ってた。

最後のコール&レスポンスのところで山内くんがマイクを外すから、思わず歌いそうになっちゃって(あ・・・歌っちゃいけないんだ)って思ったらぶわっと思いが溢れてしまった。誰も歌ってなかった(フジファブリックのお客さんはほんとそうよね…!)けど、山内くんは満足そうに笑っていた。「伝わってるよ」って言われてる気がした。

山内「SHINY DAYSの歌詞じゃないですけど、またみんなに会えるよう、僕たちは準備をして、場所を作って待ってますんで、その時まで体に気を付けて、また元気で会いましょう」


手紙

あぁ?もしかして大阪は手のMV公開があったから1曲減らされたのか?という黒い感情が一瞬。笑

今日はギターの日!若干バランス欠いてるんじゃないかってぐらいギターの音が大きかった。ギターの一挙手一投足が聴こえるってぐらい終始ギターの音が良く聴こえた。「あそこはこんな風に弾いてたのかー」とか「ここでこんなの弾いてたのか」とかいつもは聴こえない細かいバッキングみたいなのも聴こえてたくさん発見があった。こんな機会なかなかないかも。楽しかった。

そして、演者を押し上げる最後のピースはやっぱり熱狂するお客さんの姿と歓声なのかもしれない、と思った。この心地よい空間も最高だったけど、またあの狭くてうるさくて大変で愛しい場所へ戻らなくては。と思った。


セットリスト

LOVE YOU
SHINY DAYS
efil
会いに
たりないすくない
赤い果実
楽園
Dear

Walk On The Way
陽炎
あなたの知らない僕がいる
光あれ
ポラリス
バタアシ Party Night
徒然モノクローム
LIFE

en. 

手紙